歯医者、矯正歯科、インプラント、歯周病、虫歯など歯の知識

歯科医師

shikaishi

歯医者とは、正式には歯科医師と言われている。
具体的には、虫歯や歯周病といった歯の傷病予防から、診断、治療までを行う医師のことを歯科医師、あるいは歯医者という。
また、インプラントなどの外科的治療や、歯科補綴物(詰め物、被せ物、ブリッジ、部分入れ歯など)の装着も、歯科医師だけに許された行為である。

業務

歯医者の業務としては、歯の治療を行ない、個人もしくは集団に対してブラッシング指導などの保健指導を行ない、健康管理を行っていく。
保健指導では、単に専門家としての立場からの知識を伝えるだけでなく、患者の口腔の健康に対する意識を高めるような指導を行わなければならない。診断と治療を行うだけでなく、患者自身が正しいセルフケアを行ない、食生活を改善することへの取り組みに関心が持てるように指導を行って行くのが重要である。
最終的には、患者自らが積極的に保健行動を起こせるようにとの目的で保健指導が行われているのである。

専門医

senmoni

歯医者の中でも、特に専門医として認められているのは次の三つである。

・子供の歯の治療を対象とした小児歯科。
・口や顎周辺の疾患を専門に治療する歯科口腔外科。
歯並びの治療を行っていく矯正歯科。

小児歯科の対象年齢となるのは、生まれてから7ヶ月頃の乳幼児から、中学生になる頃までの期間である。つまり子供の歯が生え始めた時から、全ての子供の歯が抜けて永久歯に生え変わるまでの期間が対象となっている。
子供の歯だからと言って虫歯を放置しておくと、永久歯の生え方や、後の発育にまで影響を及ぼすために、子供の頃から適切な治療が必要だと考えられている。


愛知で矯正歯科に行って歯の状態を診てもらいましょう|菅沼矯正歯科
越谷の親切な歯科医院といえば;アインス歯科
大泉学園の矯正歯科といえば【石神井公園の歯科と矯正歯科】

大阪の審美歯科で歯の健康を守りませんか?|日根野谷歯科
豊橋の歯科医院なら話題の|村松歯科医院